自貢名所:釜渓川文化博覧園
日付:2017-12-09  クリック:   うち
自貢名所:釜渓川文化博覧園
日:2017-12-01点撃:じゅうさん中に
釜渓川文化博覧園は自貢市から仙市の古鎮の釜渓川の1段の南側は、自貢ハイテク産業開発区の構築に「生態自貢」を実現するために、環境保護と都市生態発展促進に融合相の綱領下、釜渓川を絆を構築し、歴史の文化の融合、商、レジャー、アウトドア活動、生態ピクニック、民宿体験して一体の総合性の河岸地域の公園を持って、この工事を評価2014年度「中国庭園の工事の景色の庭園の学会優秀賞」を受賞きゅう、く金賞、全国の大金賞評価項目の一つ、所属当時西部地区の唯一の受賞項目。
そのモデル段西から板倉工業園区、東東環状線の釜渓南岸、この段川の長さは約6km、敷地面積210ヘクタール、自転車歩行混合道の長さは約6.7km、倉林塩と、林泊水苑、飛鳥花言葉、楽芙田園、東環の興5大観光地区の構成。
倉林塩と区は模範段のメインの入り口に、「古韻山林や深い話に塩」をテーマに、採用古韻風情の植物やエッセイを通じて、文化の通り、テーマ彫刻や塩埠頭を表現して製塩工業歴史文化を構築し、文化体験の道。
林泊水苑区は「見せ湿地景観」を軸に、ビジネスの駅、スポーツレジャーを主体として、元の畑作物を観賞更新し、直線元素抽象出ピュアな農地の色の塊、補佐大面積疎林草地、市民の美しい湖水の光と林影で享受けサウナ労働の楽しさ。
飛鳥花言葉区自然資源が比較的豊かで、大量に生息于山林鳥。私たちを既存の大面積の斜面水田山はずみに作成する集観賞と水管理は一体の棚田湿地区、元からある大面積池改造を湖、修繕在来古建築芸術家としての中心、建造優美な林色湖水の光と、既存の密林に造営浅山鳥自然生態保護区を構築し、もとの生態景観。大量の桜、カイドウ、梨、桃、花香、花香に峪峪の自然田園風景を造営。
共有する:
Language
私たちにつ | 私たちにs | | 未来の一日は2000人|観光客の満足度照会 | 友情のリンク | 掲示板 |観光客心得
アドレス:自貢釜渓川 電話:0813-8286137 0813-8286137
5万226666号     Copyright © zgfxh.com All Rights Reserved.Powered by SUNLUE

わせ電話:0813-8286137

わせ電話:0813-8286137